過払い金とは

過払い金

約1000万人の方達が過払い金の存在を知らずに損をしていると言われています。

家庭の10件に1件は過払い金が発生しているのです。

発生総額はおよそ10兆円。

想像もつかない金額で多くの方達が損をしているのです。

それでは、過払い金について説明していきたいと思います。

一般的に《過払い金》とは、支払う必要が無い金利のことを言います。余分に支払ってきたお金を元本に充て、返済額を減らすことが出来ます。さらには、元本を上回った場合は返してもらう事が出来るのです。

さて、過払い金はどうして発生してしまうのでしょうか。

その理由としては《出資法》と《利息制限法》という法律があるからです。

利息制限法では10万円未満は年に20%、10万〜100万円未満では年に18%、100万円以上は年に15%で金利が制限されています。

法律上ではこれを超える金利は無効になりますが、超えたとしても処罰を受けることはありません。しかし、出資法では金利に上限があり、29.2%とされています。上限金利以上で金利を定めた場合は刑罰が科されます。

貸金業者などでは利息制限法と出資法の間の範囲内で金利を定め、利益を得ています。

このことを《グレーゾーン金利》と呼びます。

つまり、《グレーゾーン金利》と言われる金利で返済をしていた場合はお金を払い過ぎているので、《過払い金》になるのです。

払い過ぎていたお金だから当然、請求して取り戻すことが可能です。

何年取り引きをすれば過払い金が発生するかは借入の状況や毎月の返済額によって異なるので一概には言えませんが、年利20%以上で5年以上返済をしているなら過払い金が発生しているかもしれません。まずは契約書を確認して、法律事務所に相談することをオススメします。