専門家に頼むべき理由について

借金をしていて、お金がないのに法律家に相談したところで借金額が減らせるなどそんな上手い話があるわけないと思うかもしれませんが、借金の問題は法律が助けになる部分が多くあります。

頑張って返済をしても借金がほとんど減らないことがありますが、その原因は年に29%前後の非常に高い金利で、そのようにして貸金業者は利益を得ていました。そうした場合は、法律家を間に挟み、法律に適した金利に見直すだけで負担は大幅に軽くなります。さらに、払いすぎていた金利の分を元金に組み込んだりとさまざまな手助けをしてくれます。そうしたことを手伝ってくれるのも法律家の仕事です。

専門家に頼みたいときは、インターネットで見つけることが1番早く見つかるでしょう。

最近では、過払い金を専門に扱う弁護士事務所や司法書士事務所が増えてきました。そうした事務所ではホームページで過払い金についての解説をしているので、「過払い金」や「債務整理」などのキーワードで検索してみるといいでしょう。

また、近くに弁護士事務所や司法書士事務所がなくても、FAXや電話を使えば地方の人でも東京の弁護士や司法書士が引き受けてくれるので安心してください。過払い金を専門としている事務所を選ぶと過払い金の回収率が高くなる可能性があるので、過払い金を専門としているところに頼むとよいでしょう。

また、専門家に頼むとなると気になるのが利用料金かと思います。住んでいる場所によって違ってきますが、目安としては過払い金発生額の20%前後です。

専門家に頼めば、過払い金はほぼ100%回収できるので、実際に手にする額は過払い金発生額の80%になります。借金をきれいに清算し、中には100万円以上過払い金を取り戻した人もいるので、自分でやるにしても専門家に頼むとしても「行動する」ことが大事になります。