過払い金が発生している可能性がある方

①2010年(平成22年)6月17日より前に借入を始めた方

2010年(平成22年)6月18日に貸金業法が改正され、改正貸金業法が完全施行されました。改正後、出資法の上限金利が20%になり、グレーゾーン金利はなくなりました。そのため、借入の金利は利息制限法の範囲内の15%〜20%になり、今後は過払い金が発生することが無くなりました。

ですが、法律が改正されても過去の取引の金利が利息制限法の範囲内に変更されたわけではないので2010年(平成22年)6月17日より前の取引で過払い金が発生している場合は、過払い金返還請求できる可能性が高いです。

②10年以内に借金を完済した方

完済した借金でも過払い金の返還請求が出来ます。ただし、過払い金には時効が存在します。

最後に借入・返済をした日から10年以内ですので、よく確認しておきましょう。

また、クレジットカードでのショッピングローンは割賦契約となるので、過払い金の対象外となります。クレジットカードで現金を借入した場合は金利が20%以上に設定されていれば過払い金の対象になります。

過払い金返還請求をしても借金が残る場合もありますが、法定金利で再計算をしますので借金の総額を減らすことが可能です。このことを引き直し計算と呼びます。