過払い金返還請求のメリットとデメリット

過払い返金請求にはメリットが多く存在しますが、デメリットになってしまう事もあります。そこで、過払い金返還請求におけるメリットとデメリットについてまとめてみました。

-メリット-
①払い過ぎた利息が戻ってくる。
払い過ぎた利息である過払い金が戻ってくることが最大のメリットになるんじゃないでしょうか。人それぞれなので一概には言えませんが、中には何百万円の大金が戻ってくる可能性もあります。

②借金額が減る。
払い過ぎた利息が元本に充てられ、借金額を減らすことが出来ます。さらに、利子も法律に基づいたものになるので借金額が減る可能性が大いにあります。

③完済をしていても取り戻すことが可能である。
過払い金返還請求には時効が存在します。その期間は、10年です。つまり、完済していても最後の借入・返済から10年以内であれば取り戻すことが可能です。

-デメリット-
①過払い金返還請求を個人でするのが難しい。
過払い金返還請求を個人でするのには、かなりの労力や知識が必要になります。『お金が無いのに法律家に相談するのは…』と思う方もいると思いますが、法律事務所によっては無料相談をやっている所もあるので相談してみることをオススメします。

②過払い金返還請求をした貸金業者から借りる事が出来なくなる。
貸金業者によって違いはありますが、基本的には過払い金返還請求をした貸金業者からは借入が難かしくなります。もちろん、他の貸金業者に借入をすることは可能です。

過払い金返還請求についてメリットとデメリットについてまとめましたが、いかがでしたでしょうか。
デメリットよりもメリットの方が遥かに大きいと思います。払いすぎた利息は自分のお金です。取り戻すべきお金なのです。