民事再生と破産

借金整理の方法として、最終的な砦として迷うことがあるとすれば、民事再生と破産のどちらを選ぶのかということを悩む人は多いのかもしれません。借金整理の全てを一度クリアしたいというふうに考えていた場合には、その借金額が高額であればあるほどどちらを選ぶかはとても悩ましい問題として上がっているわけです。自分自身の財産を守りたいという場合になどにおいては、民事再生を選ぶ方がいいかもしれません。残念ながら、破産申請をしてしまえば全ての財産が差し押さえられてしまうため、自分が愛着を持っている家や車などが一切利用できなくなってしまうことは、もちろんのことで、十分に考える暇もないまま差押が強制執行をされてしまうというケースを何度も聞いたような気がしますから、一般的によく知られている破産というものは、非常に社会的な執行力を強く持っているものであるということを考えた上で実行するということが重要だと言えるでしょう。民事再生を行う場合などでは、よほど高額の借入をしていない限りは、借金の大幅な減額をすることが可能ですし、このような場合などにおいては、今まで通りの財産を持ち続けながら減額した借金を返済しつつ生活を続けていくことが可能となるわけですから、メリットは大きいと言えるのではないでしょうか。しかし、破産をするということには昔からどうしてもネガティブなイメージがつきまとっているようにも感じられますが、いくつかの制限が効率的に入ってしまう他は、民事再生よりも安く済むため、悩む価値があるものであるという風に言えなくもありません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です