借入始めは重要

借入の取引の期間が長ければ長いほど、過払い金の金額も増えていくはずです。

そのため、過払い金の請求をしたいと考えているのであれば、まずは「最初に借入をしたのはいつか」を思い出すことが重要になってきます。
また、消費者金融業者の取引経過の一部開示、虚偽の取引開示を見破るためにも、借入をした最初の日を思い出すことが大切だと考えられます。

思い出すために必要なことはその当時の資料(ATM明細表や銀行振込伝票など)を探し出して、借入を始めた年月を確認することです。

古い取引経過を隠し、少しでも過払い金の金額を減らして返すお金を少なくしようとするのは、消費者金融業者に共通した経営姿勢だと感じます。

特に「借換え隠し」の場合は、一見して最初の借入か、途中からか区別がつきません。

業者に騙されないためにも、当初の資料にあたるものを片っ端から探し出し、頑張って借入を始めた時期や年月日を調べてみましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です